プロフィール

 ひめみこ プロフィール

祈りのうた 即興シンガー 即興音楽家

スピリチュアルアーティスト

女神解放天岩戸開きヒーラー

着物愛好家

 

原初、人が始めて祈りを発した衝動が、

天地宇宙と人と神を繋ぐ芸能と成っていった魂の働きを、

芸術として表現することをコンセプトに、即興のうた、舞、演奏を

オリジナルの「天岩戸開き弥勒神楽」として行っています。

 

自らを深く癒してきた神秘的な声「いのちのひびき」は、

まるで天から降り注ぐ天女の声のよう、

人間の声ではなく楽器の音のよう、と称され、

聴く人を浄化し、癒す不思議な力があり、

魂に響き、癒しと感動を与えています。

 

約20年に渡るスピリチュアルヒーリングの体験と学びを総合して、

オリジナルのヒーリングセッションを行っています。

 

そのヒーリングは、

隠された魂の光を開いて自分らしく生きていくための、「天岩戸開き」

何度も灰の中から甦る、死と再生の甦りの力、「火の鳥」

居るだけで封印を解く力、「封印解除」

ふんわりとやわらかくやさしい声と存在感で、出会う人を自然に癒す「愛の力

天然巫女シャーマンのサイキック能力、「アワの力」

 

全てを総合して、未来の扉を開き、

自然体の本来の自分で幸せに生きていけるよう、サポートしています。

 

【経歴】

クリスチャンの両親の元、教会に通い育つ。

曾祖母の実家は法縁さま(民間の祈祷師)曽祖父はお寺の住職。

神仏の縁の濃い家系に生まれ育つ。

 

世の中のシステムのおかしさに気付き、

アートの道を目指して東京の美術学校へ進学するも、

トラウマストレスで自律神経失調症に、

二十歳で出口のない挫折を味わうが、

自動筆記チャネリング、霊的ヴィジョンなど、霊的な感覚が開く。

 

その間、東洋美術、日本美術、古典芸能、歌舞伎、着物の美、

ダダイズム、60~70年代洋楽ロックに傾倒。

アンティーク着物に惚れ、江戸、明治、大正以前の

昔の自然な着物の着付けを目指して、

着付けを習い着付け免許取得。

アンティーク着物を着て楽しむ。

 

中央美術学園イラスト絵本コース卒業し、

アートフォーラム高崎で日本画を学び、

日本画(岩絵の具)でインナーヴィジョンの絵を描く。

自律神経&トラウマ治療のため、自然療法を経て、

スピリチュアルヒーリングの道と、即興芸術表現の道へ。

 

人と違う生きづらさ、今の世の中への違和感、

自分が抱いている不思議なヴィジョンや感覚などが、

スピリチュアル、アートの世界に出会うことで、癒され居場所となっていく。

 

様々なヒーリング法、ヒーラー、マスターに出会い、宇宙の法則、魂の道、

日本の古代の神々と古代聖地の祈りの道、即興のうたの道、

古代中国タオの再覚醒法の道へ。

即興演奏と身体表現により、即興の道が開き、

ヴォイストレーニングにより声が開き、

即興のうたをうたい始める。

 

霊的な導きにより、沖縄久高島を訪れ、

カベール岬にて衝撃的な神秘体験をし、

高知県土佐清水市の世界的規模の巨石遺跡群の唐人駄場遺跡のただ中に住み、

日本の古代遺跡巡礼の祈りの旅が始まる。

 

厳しいカルマの清算、魂の霊的修行、神秘体験、何度も自我の死と再生を経て

自らを癒しながら、サウンドセラピーを始め、

一番辛い状態の時、自分の声、歌、音楽に救われていき、

ヴォイスワーク、うたと演奏と舞いの即興表現ライヴ、

スピリチュアルヒーリングの活動を始める。

 

男女間の人類の傷ついた女性性の解放、

古代巫女女王ヒメミコ(ヒミコ)女神の解放を行い、

子宮ヒーリング、タントラワークを学び、

一貫してずっと行ってきたインナーチャイルドセラピー、

女性性と男性性の統合を行い、

スピリットメイトと出会い、愛のパートナーシップの活動を始める。

 

何度も体験してきたへヴィーなトラウマにより、

PTSD(心的外傷後ストレス症候群)に長年苦しむが、

スピリチュアルヒーリング、

脳科学的療法により解放され、

ずっと叶わなかった幸せなパートナーとの愛の生活が叶う。

 

日本美術、古典芸能にも親しみ、

雅楽の古代歌謡を習い、

三夜沢赤城神社の女性初の神楽師として妹と二人で囃子方を務める。

 

「着物をファッションとして自由に楽に楽しむ」ことをコンセプトに、

「自分流着物遊び」着物イベント、着物セラピー、着物コンサルを展開中。

 

天性の巫女、シャーマンの霊的な特性を活かし、

芸術活動と共に、女性が愛され、自分らしく幸せに生きるための魂の活動、

スピリチュアル&ボディセラピーワークを行っています。

 

辛い時期に赤城山、赤城神社に通い癒され、

その後赤城山の神様に導かれ、家族全員で赤城山南面のパワースポットに移り住む。

 

いるだけで癒される森に囲まれた自宅サロンでセラピー活動を行っています。

 

自分を愛することが、ヒーリングの原点。

 

ひとりひとりが輝いて幸せに生きること、

よりシンプルに、自分自身の幸せ、本来の自分に還って行く。

 

愛し愛され、幸せな愛の循環を行って、魂から、身も心も、満たされ幸せに成って行く。

それが人々と、世界の幸せと平和に繋がって行く。

 

そのプロセスを、これからも活動を通してたくさんの人と分かち合っていきたいと思います。

どうぞセッションや、イベントで、交流して下さいね。

 

【今まで学んできたこと】

●共愛学園卒業(プロテスタントクリスチャンスクール女子高)

●中央美術学園卒 イラスト科絵本コース 東洋美術専攻

●アートフォーラム高崎校にて日本画を学びグループ展、アートコンペ前橋に出展、入賞

●スピリチュアルカウンセラー ライトワーカーズ(三浦雅美、雄二夫妻)の
バリ島ヒーリングWS、ライトワーカー養成講座等により、
スピリチュアルヒーリング、インナーチャイルド、エネルギーワーク、
ライトワーク、過去世療法の基礎、食養、陰陽学を学び、
バリ島で始めて霊的に開く体験をし、
スピリチュアル&アート、神楽の道が開いていく

●神楽太鼓奏者(打楽器即興演奏家) 石坂亥士氏より太鼓、打楽器と身体、
ダンスのシャーマニックな即興表現の基礎、神楽のエッセンスを学び、
即興表現の世界に目覚める 神楽との出会いとご縁が開く

●世界的舞踏家 大野一雄氏の踊りに感動、
桐生芸術祭での大野一雄&慶人公演のWS一般参加公演に参加共演
始めて舞踏の世界を体験する

●ヴォイストレーナー(シンガーソングライター)牛島正人氏の
ヴォイスワーク「即興芸術家コース」にて声が開き、声の即興表現が目覚め、うたい始める

●霊的な導きより沖縄久高島へ一人旅し、
カベール岬にて強力な身体感覚を伴った霊的体験し、霊的に開いていく

●サイキックヒーラー未来見基氏の
サウンドセラピストコース「シャンティチャイムワーク」修了
サウンドセラピーを始める

●天光靈氣レベル1、神気功レベル1修了

●四国最南端の古代遺跡、巨石群唐人駄場遺跡の中に住み自分を癒しながら、
ヒーリングの実践の学び、サウンドセラピーと食事の宿泊ヒーリングを始め、
歴史的カルマの清算、聖地や古代遺跡での霊的な目覚め、祈りを行い、
音楽イベントで小嶋さちほさんのバックコーラスの体験を期に、歌の活動を始める

●ヒーラー木盛龍彦氏より「王の帰還ワーク」、「光還元ワーク」を学び、実践

●古代中国タオの覚醒法の秘儀「クンルンネイゴン®システム」を、
Kan.&伯井由紀よりレベル1,2,3を、
ファシリテーターコースを創始者Max Christensen氏より受講、
アメリカクラスにて認定資格をいただき、
クンルンネイゴン®システムアプレンティスとして
勉強中に大きな魂のブレイクスルーを体験
様々な基礎になる

●小笠原和葉 クラニオセイクラルバイオダイナミクス レベル1修了

●天然肉体詩人 藤條虫丸氏の感月祭ファイナルに参加、
その音楽と踊りの織りなす即興世界に衝撃を受け、虫丸氏より即興身体表現を学び、
虫丸氏プロデュースのアートグループ「The Physical Poets」に
ダンサーで参加、公演を共にする

●倭のタントラ レベル1,2,アドバンス
shinzo& asamiよりタントラヒーリングを学ぶ
2016年東京、京都WSをスタッフ参加

●CSカウンセリング東京いとうしんすけ氏の
脳科学カウンセリングによりトラウマの解放を体験

●安倍晴明直系陰陽師の鑑定により陰陽師の術を体験

●雅楽演奏家中村香奈子氏、宇佐見仁ご夫妻の雅楽会「香風舎」の雅楽練習会に参加、
豊英秋先生(元宮内庁式部雅楽部主席学長)より雅楽、舞楽、古代歌謡を習う

●三夜沢赤城神社神楽保存会に女性で初めて参加、
400年続く伝統の神楽に女性神楽師として囃子方太鼓を担当

●各種イベント、芸術祭等にライヴ出演
即興ダンサー&演奏家とのアーティストコラボレーションライヴの企画、出演

信濃国原始感覚美術祭2015年原始神楽音楽担当

鎌倉光明寺 寺つどフェスティバル、鎌倉大船観音フェスティバルの美醜観音舞の音楽担当 等

 

◆活動の写真や動画はこちらからどうぞ◆